ニュースで弾けろ!爆竹ニュース

様々なニュース・出来事にスパイスを加えて情報発信をしていきます。一つ一つの記事から弾けるような面白さを発見してください!

木村文乃の新ドラマ「水晶の鼓動」視聴方法・放送日程・評価は?

   


昨年放映された本格派なクライムサスペンス「石の繭 殺人分析班」のシリーズ第2弾の放映が決定した。

作家の麻見和史さんが描く原作シリーズの中でも複雑・難解な事件を映像化するとのことで注目度も高まっているだろう。

キャストや監督はお馴染みのメンバーが集結!

期待感高まる新ドラマに迫ってみた。

木村文乃の新ドラマ「水晶の鼓動」視聴方法・放送日程・評価は?

木村文乃の新ドラマ「水晶の鼓動」のあらすじ

番組HPより引用します。

警視庁捜査一課十一係の刑事、如月塔子(木村文乃)は、日本中を震撼させた連続殺人犯“トレミー”の事件を解決に導いたが、1年たってもその時に受けた“トラウマ”に苦しんでいた―。

ある日、真紅に染まった部屋での猟奇殺人事件が発生する。現場に残された手掛かりをもとに捜査を進める塔子や警部補の鷹野秀昭(青木崇高)だが、見知らぬ男に尾行されていることに気付く。その男を捕らえようとした瞬間、近くの建物で爆発が起こる。未曾有の危機に直面する警察。果たして、これは偶然なのか?そして塔子は刑事としての最大の危機を乗り越えられるのか?シリーズ史上最も、大胆かつ複雑な事件の全貌とは?その衝撃のラストへのカウントダウンが今、始まる! (WOWOW:HPより引用)

続編ということで前作の流れを引き継いでスタートするようだ。

前作での事件から1年後の世界を描いているわけだが、どうやら主人公の如月は刑事として致命的なトラウマを抱え込んでしまっている中での猟奇殺人事件。刑事として事件にどのように立ち向かうのかが注目ですね!

木村文乃の新ドラマ「水晶の鼓動」のキャスト

前作の「殺人分析班」のメンバーが再結成されており、ほぼ同様なキャストとなっている。

まだ確定はしていないが【木村文乃、青木崇高、渡辺いっけい、北見敏之、藤本隆宏、小柳友】のキャストは出演が決定している。

前作出ていなかった藤本隆宏さんが出演することから重要なキーマンとなりそうな可能性が高そうだなと勝手に想像しています。(オリンピックイヤーということで元オリンピック選手をキャスティングしたってのは考えすぎですか?笑。)

木村文乃の新ドラマ「水晶の鼓動」視聴方法・放送日程

放送日程

11月13日(日)PM10:00-11:00

11月20日(日)PM10:00-11:00

11月27日(日)PM10:00-11:00

12月4日(日)PM10:00-11:00

12月11日(日)PM10:00-11:00

の全5話完結となっているようです。

視聴方法

この日曜ドラマはWOWOWオリジナルドラマであるためWOWOWの契約が必要となります。

WOWOWではオンデマンド視聴が出来ますのでPCやiPadなどのタブレットPCなどのネット環境がある人であればすぐに見ることが出来るので便利です。

WOWOWの基本料金は月額2300円(税抜)となっています。

さらにネットからの申し込み『e割』ならご加入日から翌月末まで最大2ヵ月間1800円(税抜)とお得です。

詳しくは以下のWOWOWサイトで検討してみてください。

WOWOW_新規申込

ちなみに今回の新シリーズ開始に伴い前作の「石の繭 殺人分析班」の一挙全5話再放送を11月6日(日)に行うことを決定しています。また新シリーズも1話目は無料視聴が可能なのでまずは見てから判断するというのがいいかもしれませんね!

木村文乃の新ドラマ「水晶の鼓動」の評価は?

現段階ではもちろん放映前のために評価は出来ませんが、前評判は高そうです。前作がまず大ヒットしており期待感が高いことや前作監督を務めた内片輝さんがメガホンを再びとります。そしてサスペンスドラマ独特な音楽の演出も前作から引き続き諸橋邦行さんが行います。高評価を得た前作のスタッフが集結するというのは非常に期待できます。

あとは講談社文庫から出ている原作の「水晶の鼓動 警視庁殺人分析班」が面白いと云われていることも追い風になりそうです。

WOWOWドラマは当たり外れが結構あると個人的には感じていますが今回は素直にキャスト、スタッフ、原作の3拍子揃っているので期待できるかなと思っています。

ということで11月から始まる新ドラマが待ち遠しくなりそうです。WOWOWドラマって最近の民放のドラマよりも正直面白いと思うので暇な方は是非注目してみてくださいね。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

関連記事はありませんでした