ニュースで弾けろ!爆竹ニュース

様々なニュース・出来事にスパイスを加えて情報発信をしていきます。一つ一つの記事から弾けるような面白さを発見してください!

NHK大河ドラマ『真田丸』第12話「人質」のあらすじ、ネタバレと感想

      2016/05/15


NHK大河ドラマ『真田丸』第12話「人質」のあらすじ、ネタバレと感想について記載していきます。

あらすじ、ネタバレについては放送開始前に、感想については放送開始後に追記していきます。

▶NHK大河『真田丸』キャストや撮影地について

NHK大河ドラマ『真田丸』第12話「人質」のあらすじ、ネタバレ

NHK大河ドラマ『真田丸』第12話「人質」の放送日

2016年3月27日(日)NHK総合:午後8時~、BSプレミアム:午後6時~

NHK大河ドラマ『真田丸』第12話「人質」のあらすじ、ネタバレ

徳川家の刺客となった室賀正武(西村雅彦)を返り討ちにした真田昌幸(草刈正雄)は、信州小県をついに掌握した。

しかしそれは家康(内野聖陽)との長い戦いを意味していたのであった。

そのころ家康は、小牧長久手の戦い(天正12年、1584年)で豊臣秀吉軍を破り、全国にその名をとどろかせていた。

そんな家康ですら気にかかっていたは真田家が上杉家と手を組むことであった。

信繁、人質になる

家康を気にしていたのは昌幸も同じであった。

そこで上杉と組むことが必要だと考えた昌幸は上杉景勝(遠藤憲一)に家中に加えてほしいと手紙を送っていたが拒否をされてしまった。

諦めずに再度手紙を送ったところ、景勝より厳しい条件を出されてしまった。

信繁を人質として差し出せというのだ。

祝言の件もあり、昌幸とも距離を置きたいと考えていた信繁は人質となることについて承諾をすることにした。

また信繁は上杉景勝という男が義を重んじる人間ということもあり嫌いではなかったのだ。

しかし人質というものは戻れる保証もなければ、上杉に真田が背いた場合には真っ先に殺されてしまう存在。

そんな危険な任務に就く信繁に対してお供として同行することになった三十郎は、生まれてくる子供のためにも必ず生きて帰りましょうと勇気づけるのであった。

信繁は梅に良い子を産んでくれと言い残し、景勝のいる春日山城へと旅立った。

 

残された梅をきりは気遣って体の心配をしている。

しかし何かおかしい。

質問してみると梅はまだつわりなどを感じていない様子だ。

梅は信繁が中々その気になってくれないからと子供が出来たかもしれないと女性としての勘で話をしただけであったのだ。

きりは梅のしたたかさにただただ唖然とするのであった。

信繁を選んだ理由

春日山城についた信繁と三十郎は景勝との対面を待たされていた。

景勝は身分をわけ隔てることなく民の訴えを聞くために、面会は順番制なのだという。

何やら今は漁師の治兵衛と又吉が獲った魚を巡って面会中のようだ。

聞くところによると北浜と南浜の漁師がいさかいを起こしているようであった。

そしていよいよ信繁の順番がやってきた。

景勝はそこで信繁を人質として指名した理由を2つ話した。

1つ目は昌幸に息子を差し出す覚悟があるのかを試したかったため。

2つ目は信繁が以前景勝に対して助けを求めた自信あふれる顔が忘れることができなかったためであった。

景勝は人質とはいえ客人と同じように接することを約束してくれたのであった。

 

そして景勝は先代・上杉謙信の位牌がおかれた仏間に信繁を案内し、謙信の教えを語り始めた。

上杉家は「義」のある戦いしかしない。

民の声をわけ隔てなく聞くのは、国づくりの根幹は民の暮らしの安全を守ることであり、民の心を掴むことが大事だと語る。

そして沼田城をめぐる攻防で誰も死なせることなく、北条家を追い払った信繁の行動はこの謙信の教えと同じだと高く評価をした。

信繁はそこで義を忘れ、私欲のためだけに生きると人はどうなるのかと景勝に尋ねた。

景勝は、天下をとりながらも家臣に裏切られて死ぬこととなった織田信長の最期を例に挙げた。

「死にざまは、生き方を映す鏡。おのれに恥じぬように生きるのみじゃ」

沼田城か上杉家か

景勝は信繁のことを高く評価していたものの、上杉家と真田家の遺恨が解消されたわけではなかった。

そして昌幸の元に、景勝の家臣である直江兼続(村上新悟)より沼田城を上杉家へと返すように書いた手紙が送られてきた。

沼田城をめぐって北条家ともめたために上杉家へと助けを求めたのであって、その沼田城を上杉家へと渡してしまっては本末転倒となってしまう。

しかし今は上杉家との関係を修復しなくてはならない。

この件については、信繁に託すほかなかった。

直江兼続が沼田城の返還を求めていることを知った信繁はさっそくに景勝へと相談をもちかけた。

この一件については景勝は知らなかったようだ。

というのも他国との交渉は兼続に任せていたからであった。

事情を知った景勝は兼続に話をすることを約束してくれたのであった。

 

ある日信繁は、あの景勝と面会をした日にもめていた漁師の治兵衛と又吉たちが役人ともめているところに出くわした。

どうやら景勝に相談をしてから3ヵ月も経ったが音沙汰がないというのだ。

民のことを第一に考える景勝のことを思い、信繁は不思議に思う。

兼続によると景勝は困っている者を見ると、まず力になると約束をしてしまう性分のようなのだ。

民の話を聞くことしか出来ぬことに肩を落とす景勝に信繁は語り掛けます。

「昨日まで、御屋形様を尊敬しておりました。そして今は、それ以上に慕わしく存じます。」と。

とはいうものの沼田城の一件もどうやらまだ兼続に話していないことがわかり、あきれてしまう信繁。

真田家が沼田城を渡す意思がないことを兼続にはなした信繁に対して、兼続は「真田とは手を結ばぬ。」と返答したのであった。

信繁を認める景勝

ある日、景勝と馬で浜に出た信繁はまたもや治兵衛と又吉がもめているのを目撃する。

信繁が尋ねると、治兵衛たちは「鉄火起請(てっかきしょう)」によってもめ事を収めようとしているようだ。

鉄火起請とは、戦国時代におこなわれていた神の判定を仰ぐ儀式であった。

鉄の棒を赤くなるまで熱し、それを握り指定の位置まで運べた方の主張が正しいとする儀式とされていた。

あまりに熱そうな鉄の棒を前に北浜の長・治兵衛は思わずしり込みをしてしまい動けない。

早く握るように奉行の斉木が催促する。

見かねた信繁が割って入るも、斉木は神の御心を承るためにはこれが一番の方法だと中々譲らない。

ならばと信繁はどちらが正しいのか鉄火起請で決めましょうと斉木に催促した。

斉木はこの信繁の行動に思わず言葉を失ってしまった。

信繁は、日替わりで漁をしたらどうかと提案するも、又吉から潮の良い日に獲られてしまっては次の日にはなにも取れないと反論する。

そこで景勝は、潮の変わり目で分けるようにしろ、つまり満月の来るたびに交代をせよと告げる。

2人の活躍もありこの件は見事一件落着。

そして景勝は見事な機転をきかせた信繁を高く評価し、このような子供が欲しかったと心から願うのであった。

その頃上田城では梅が信繁の子を出産した。

子供は女の子で名前はすえと名付けられた。

徳川との戦へ

信繁が見事に景勝からの信頼を得たことで、上杉家は真田家と手を組むことを決めた。

昌幸の元には、上杉が真田を守ること、そして沼田城と信州の小県を真田の領地と認めることが書かれた手紙が届いていた。

昌幸はこれでようやく徳川と手を切ることができると早速に、手切れ書状を家康へと送りつけたのであった。

昌幸の裏切りを知った家康は、鳥居元忠が率いる徳川軍7000人を上田城へと進軍させる。

対する真田軍はわずかに2000人。

真田家を守ると約束した景勝は領内から人をかき集め早速に援軍を送るのであった。

そしてその援軍には信繁と三十郎の姿もあった。


以上、NHK大河ドラマ『真田丸』第11話「祝言」のあらすじ、ネタバレでした。

感想

信繁が戦国を代表する大名である上杉景勝に気に入られ、遂に徳川との戦へとつながる重要な話でしたね。

次回いよいよ昌幸と家康が相まみえることになります。

序盤の山場となる話なので期待が高まりますね!

真田丸(前編) [ 三谷幸喜 ]

真田丸(前編) [ 三谷幸喜 ]
価格:1,188円(税込、送料込)

2016年NHK大河ドラマ真田丸完全読本

2016年NHK大河ドラマ真田丸完全読本
価格:1,080円(税込、送料込)

 - NHK大河『真田丸』

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

http://www.setocut.co.jp/shop/products/list.php?category_id=423引用
NHK大河ドラマ『真田丸』第10話「妙手」のあらすじ、ネタバレと感想

NHK大河ドラマ『真田丸』第10話「妙手」のあらすじ、ネタバレと感想について記載 …

http://www.setocut.co.jp/shop/products/list.php?category_id=423引用
NHK大河ドラマ『真田丸』第8話「調略」のあらすじ、ネタバレと感想

NHK大河ドラマ『真田丸』第8話「調略」のあらすじ、ネタバレと感想について記載し …

2016年大河ドラマ「真田丸」の撮影が9月1日より始まった。戦国武将として以前人気の高い真田信繁(幸村)を堺雅人がどのように演じるのか注目されている。
NHK大河「真田丸」がクランクイン!堺雅人を中心としたキャストや撮影地は?

2016年大河ドラマ「真田丸」の撮影が2015年9月1日よりスタートした。視聴率 …

http://www.setocut.co.jp/shop/products/list.php?category_id=423引用
NHK大河ドラマ『真田丸』第9話「駆引」のあらすじ、ネタバレと感想

NHK大河ドラマ『真田丸』第9話「駆引」のあらすじ、ネタバレと感想について記載し …

http://www.setocut.co.jp/shop/products/list.php?category_id=423引用
NHK大河ドラマ『真田丸』第11話「祝言」のあらすじ、ネタバレと感想

NHK大河ドラマ『真田丸』第11話「祝言」のあらすじ、ネタバレと感想について記載 …

http://www.setocut.co.jp/shop/products/list.php?category_id=423引用
NHK大河ドラマ『真田丸』第4話「挑戦」のあらすじ、ネタバレと感想

NHK大河ドラマ『真田丸』第4話「挑戦」のあらすじ、ネタバレと感想について記載し …

http://www.setocut.co.jp/shop/products/list.php?category_id=423引用
NHK大河ドラマ『真田丸』第1話「船出」のあらすじ、ネタバレと感想

NHK大河ドラマ『真田丸』第1話のあらすじ、ネタバレと感想について記載していきま …

http://www.setocut.co.jp/shop/products/list.php?category_id=423引用
NHK大河ドラマ『真田丸』第7話「奪回」のあらすじ、ネタバレと感想

NHK大河ドラマ『真田丸』第7話「奪回」のあらすじ、ネタバレと感想について記載し …

http://www.setocut.co.jp/shop/products/list.php?category_id=423引用
NHK大河ドラマ『真田丸』第5話「窮地」のあらすじ、ネタバレと感想

NHK大河ドラマ『真田丸』第5話「窮地」のあらすじ、ネタバレと感想について記載し …

http://www.setocut.co.jp/shop/products/list.php?category_id=423引用
NHK大河ドラマ『真田丸』第6話「迷走」のあらすじ、ネタバレと感想

NHK大河ドラマ『真田丸』第6話「迷走」のあらすじ、ネタバレと感想について記載し …