ニュースで弾けろ!爆竹ニュース

様々なニュース・出来事にスパイスを加えて情報発信をしていきます。一つ一つの記事から弾けるような面白さを発見してください!

ソフトバンクと格安スマホでは月額料金の差がかなり大きかった!

      2016/11/13


皆さんこんにちわ。

いよいよ11月も近づいてきて肌寒い季節になってきました。そうこうしているうちにあっという間に年末は来るわけで、本当に一年って早いなとじじくさいことを考えている今日この頃です。

ところで今日ご紹介したい記事は「ソフトバンクと格安スマホでは月額料金の差がかなり大きかった!」という内容です。

いやいや今更何言ってんの?と思われる方も多いかもしれませんが30代仕事に忙殺されている私にとっては携帯料金について深く考えることもなく使用していたのですが、格安スマホが安いという噂が本当であれば将来にわたって大幅な節約になるかもと思って一念発起して考察してみたわけです。

とあたかも自分自身で始めたように思われるかもしれませんが、実際は毎月の携帯代が高い!と嫁さんに怒られたことが本当の理由です。すいません、はい。

せっかく調べたので結果私がどのような結論に至ったのかについて共有してみたいと思います。

ソフトバンクと格安スマホでは月額料金の差がかなり大きかった!

さてまず私の月額の携帯料金を披露してみます。

私の携帯料金(ソフトバンク)

月額平均12000円程度

おおよその内訳は以下の通り

ホワイトプラン基本(934円)+ウェブ使用料(324円)+パケットし放題フラット(5700円)+通話プランと定額超過分(4000円)+データ定額7GB超過分(1000円)

といった具合でした。

ちなみに前回機種変更してから2年以上経過していますので分割の機種代金は発生していない状態での料金となります。

学生時代から携帯依存率の高い人間だったことや電話をかける頻度も高めだったことから自分の携帯料金についてこれくらいが普通と思っていたのですが皆さんいかがでしょうか?

ちなみに上記のプラン料金等はHPから引っ張ってきたものと私の記憶で構成されているため相違があったりするかもしれませんがご了承ください。月額料金については間違いありません。

一方で私の奥さんの月額料金はというと月額6000円程度+機種代3500円程度かかっておりあんまりかわらないやんけ!と個人的には思っていたのですが「あんたには機種代が入っていない。」と指摘され今回考察するに至ったわけです。

全然関係ないのですが私はブランド力とかイメージによって携帯会社を今まで変えてきた気がします。

年齢ばれてしまいますが高校生まではボーダフォンを使用していましたが、当時なんとなくDoCoMoは大人のイメージがあり大学時代に変更しました。社会人に入ってから数年はそのままだったのですが奥さんとまだ付き合っていた時期に奥さんがiPhoneを使用し始めたことやソフトバンクの白戸家?のコマーシャルがなんとなく気に入ってたということもありソフトバンクに変更しました。

そこからはなんとなくソフトバンクから変えてなかったのですが最近のソフトバンクのCMのダサさが半端なく、もっというと全く意味がわからなくてもはや流さないで欲しいレベルまで行ってしまったので携帯会社変えたいと思ってました。auの三太郎のCMは見てて面白いのでauいいなと思っていたのでCMって本当に企業イメージに直結しちゃうのねと改めて感心しましたね。

とまぁなんとなく5年おきくらいに携帯会社変わってきたのですが料金面での見直しは初となるわけです。

金融マンとして金への無頓着さはいかがなものかと思っていたので奥さん孝行のために新宿のヨドバシカメラへ私は足を運ぶのであった。

新宿ヨドバシカメラで格安スマホについてリサーチ

新宿のヨドバシカメラに行ったのにはわけがありました。

まず格安スマホの専用ブースが数社分まとめて設置されていること(即日携帯使用出来る格安スマホのブースが設置されている店はかなり少ないです)、そして携帯会社のお店が階ごとに分かれて設置されていることです。

ほら一辺にいろんなところの話聞けた方が便利でしょ?ネットで調べるという手もあったのですがわかんないこともあったので直接足を運びました。あとさすがに店にいる店員は詳しいし、私もわかんないことや納得できないことは詳細に突っ込むタチなので納得したい人は足を運ぶべきです。(そういった意味で新宿ヨドバシカメラはおススメです。)

あと「格安スマホ」という言葉を唐突に使っていますがこれにはわけがあります。

会社の後輩が携帯料金が2000~3000円くらいですよと言っていたことがきっかけです。彼は私の携帯料金を話したら「マジ高いっすね!」といっていたのでどうやら通常の感覚からすると自分に合ったプランとは言えなかったようです。

今回は料金の見直しが主目的であったため巷で噂の格安スマホは本当に格安なのか!?この部分について納得出来ればソフトバンクからの乗り換えをしちまえば目的が達成出来るとアタリをつけていたわけです。(auのCMいいよね!とかいっておきながら今回の主目的からは外れていたために見ていません。すんません。)

さて今回の携帯プランの見直しに際して私が譲れなかった点が2点あります。それは以下の通り。

・最低でも7GBの通信量(大体月に7GB-8GB使うことが多い)

・電話は固定電話がないので月に50回~100回程度は使用する(1回5分としても250分~500分程度は通話していることになる)

この2点を考慮して携帯料金が安くならなければなんの意味もなくなるという訳です。

私の名誉のために言っておきたいのは決してかなり多めの通信量はやましいビデオを夜な夜なみているわけではないということです!私は職業柄出張が多いので移動時間とかどうしてもスマホをいじる習慣があるので結果として通信量が高くなってしまうんですよね。(あとサッカーのハイライトシーンなんかもかなり見てます。)どうでもいい言い訳を聞いてくれてありがとうございました。

格安スマホ「FREETEL(フリーテル)」

さてまず料金的にまず目が行ったのは「FREETEL(フリーテル)」です。佐々木希さんが299円(ニクキュー)のCMで最近よく目にする格安スマホのプランを紹介してくれる会社です。

FREETEL(フリーテル)公式サイトはコチラ

ここは中々気合いが入っていてデータ専用プランで「使った分だけ安心プラン(ドコモ回線)」の場合8GBで2140円です。

「やっやす!」

ただこれはデータ専用プランなので私は通話もするので同じ8GBに通話もつけると2840円となります。

ただまてよ、通話30秒につき20円となりますので仮に250分話したとして1万円プラスになります。まさかの12840円!笑。なんやねんそれ、高くなっとるやないか!と。

ただ実はこの「FREETEL(フリーテル)」という会社はFREETEL SIM専用の「かけ放題アプリ FREETELでんわ」というプランを用意しており月額399円でアプリから発信すると使い放題になるようです。

となると2840円のプランに399円のかけ放題プランを乗っけると3239円と格安スマホらしい料金になりました。

でもGood!と思ったのですがこの「FREETEL でんわアプリ」ですが実際に電話するときにいちいちアプリを開かないといけません。正直一刻を争う電話など一切かかってくることもなければかけることもほぼない私なのでアプリからかければいいじゃんと云われるかもしれませんが、私は無類のめんどくさがり屋です。いちいち電話する度にアプリ開くとか真面目んどくせーなという理由1点だけで却下しました。(実際に使用したことはないので慣れている方にとってはなんのことはない問題なのかもしれませんが、なぜかこのアプリの使用感に納得できなかったときのリスクばかりに頭がいって入れませんでした。)

格安スマホ「Y!mobile(ワイモバイル)」

さてお次も格安スマホとして有名な「Y!mobile(ワイモバイル)」です。こちらは桐谷美玲さんがCMをしている「ニャンキュッパ」でおなじみですね。

なんか格安スマホって比較的最近伸びていると思うんですがガンガンCM打っている印象があるのでユーザー数が伸びて儲かっているのかもしれませんね。

ワイモバイルオンラインストアはこちら

この「Y!mobile(ワイモバイル)」のプランで私が気になったのは以下の通りです。(すべて2年間契約時)

<スマホプランS1980円>データ通信量月々1GB+他社ケータイ・固定電話へ1回あたり10分以内月300回まで通話料0円

<スマホプランM3980円>データ通信量月々3GB+他社ケータイ・固定電話へ1回あたり10分以内月300回まで通話料0円

<スマホプランL5980円>データ通信量月々7GB+他社ケータイ・固定電話へ1回あたり10分以内月300回まで通話料0円

※補足として桐谷美玲さんがCMをしている通り現在は新規契約の場合はすべてのプランが1年間1000円割引されていてデータ通信量は2年間は容量2倍となります。

となると妥当なのはデータ通信量から「スマホプランL」を選択することになるわけです。通話の条件については全く問題なしです。1回当たりの電話はそんなに長くかけることも少ないですし、さすがに月に300回もかけないので通話プランには納得しました。

がしかし5980円(初年度は4980円)、、、、なんとなく格安感がない。。。

もっというと格安スマホってスマホ本体は自分で購入しなくてはならないわけです。

50000円程度の本体を購入したとして、仮にソフトバンクなどのように2年間で月額使用料に上乗せしたとすると2100円くらいはプラスということなので実質8000円(初年度は7000円)オーバーになるわけです。

さらに私の場合8GB程度データ通信量があればいいのですが<スマホプランL>だと14GB使えるのですが多すぎる、、、Mプランにしてしまうと6GBですが2GB足すと結果Lプランの料金と同じですしね。

んーなんとなくしっくりこない。

でここで起死回生のアイディアがあった!

「FREETEL(フリーテル)」「Y!mobile(ワイモバイル)」のSIMダブル持ち

通常SIMを差し込める場所は1ヵ所のため都度入れ替えれば1つの本体で2つのSIMを使用出来るのだが電話するために「Y!mobile(ワイモバイル)」に入れ替えるとか間違いなくめんどくさい。

でも今年の夏からSIMの差し込み口が2つ1つの本体でついているスマホが出ているのだ!ヨドバシカメラには米国の「モトローラ」ともう一つ中国か台湾の企業?のスマホがSIMを同時に2ヵ所差し込めるスマホが置いてあった。

そこで私はこの「モトローラ」製のスマホに「FREETEL(フリーテル)」の「使った分だけ安心プラン(ドコモ回線)」データ専用プランと「Y!mobile(ワイモバイル)」のスマホプランSを同時に使用することにしたのだ!

どうなるのかというと初年度7GB使用の場合は以下の通り

「使った分だけ安心プラン」5GB・・・1520円

「スマホプランS」2GB・・・・・・・1980円

初年度8GB使用の場合は以下の通り

「使った分だけ安心プラン」8GB・・・2140円

「スマホプランS」2GB・・・・・・・1980円

尚、実際にはフリーテルで今実施されているアンケートキャンペーンに申し込むと基本使用料の299円が1年間割引されるため正確には初年度7GB使用の場合3201円、初年度8GB使用の場合3821円となる。

つまりデータ使用量10GB、通話は10分以内300回が3821円でいける計算になる。これは安い!

ちなみに2年目はというと7GB使用の場合

「使った分だけ安心プラン」5GB・・・1520円

「スマホプランS」2GB・・・・・・・2980円

8GB使用の場合

「使った分だけ安心プラン」8GB・・・2140円

「スマホプランS」2GB・・・・・・・2980円

という結果になった。

2年目はデータ使用量10GB、通話は10分以内300回が5120円でいける計算になる。

「Y!mobile(ワイモバイル)」単体のプランよりも1年目は1100円程度、2年目は800円程度安くなるので2年間で22800円安くなる。(厳密にはキャリアとの契約料が3240円2社と契約することにより多くなるので19560円が正しい)まぁまぁよくないかなという結論に至った。

総括

これから先古いスマホを使用し続けて月額利用料の12000円を2年間使用した場合かかる費用は288000円となる。

先ほどのモトローラ製のスマホにSIMを2つ乗っけるプランで考えると初年度は45852円、2年目は61440円となる。

この差額だけ計算しては正確ではない。さらにモトローラ製のスマホ代金(この夏販売で現在のスマホよりは遥かに高スペック)は36000円。ソフトバンク解約金10260円?と契約時と解約時に発生する手数料が3240円×3社で9720円が実際のコストである。

したがって45852円+61440円+36000円+10260円+9720円=163272円が今後2年間の携帯コストと見積もった。この場合月額になおすと6803円となる。

現状よりも高スペックのスマホに変更して月額使用料が5200円程度安くなることに納得した私は奥さんの許可を経て今回携帯会社を結果として変更することになったのであった。

※リスクとしてはスマホの動作不良などについてはメーカーと直接やりあうことになるのが問題点かもしれない。あとはモトローラは米国製のためにスマホがデカイ。日本人の手では収まらないサイズというのは買ってから気が付いた点だった。

実際には他にも色々考えたプランなどがあったのだがまたの機会にしたいと思います。

もし仮に今携帯プランを見直したいと考えている人がいましたら是非参考にしてください。

ポイントは格安スマホ移行する際には現在の携帯の使用状況をしっかりと認識することと実際のスマホ代、解約料、契約料なども込みにしていくらお得になるのかを考えましょう!

それでは皆さん良いスマホライフを!

FREETEL(フリーテル)公式サイトはこちら

ワイモバイルオンラインストアはこちら

その他の格安スマホサイト

月額500円~ エキサイトモバイル

DMM mobile

UQモバイル

 - 管理人の独り言

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

http://skype.happytrial.com/引用
オンライン英会話大手スクールおすすめ一覧を公開!サラリーマンに合ったスクールは?

年始ということで一念発起して何か資格や特技を身に付けようと考えている人は多いはず …

https://www.pakutaso.com/assets_c/2015/04/YUUSEI_guttari15200922-thumb-1000xauto-12426.jpg
今だからわかる。証券会社から転職するメリットとデメリット

以前に私は 30代で証券業界からアセットマネジメント業界へ転職した理由 という記 …

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.naver.line.android&hl=ja引用
LINEスタンプで副業は出来る?素人が報酬・収入を得る方法

昨年5月からLINEスタンプに一般の方々が参入出来ることになり大きな話題となりま …

https://www.pakutaso.com/assets_c/2015/04/YUUSEI_guttari15200922-thumb-1000xauto-12426.jpg
債務整理か借金返済か。私が学んだ借金問題の解決法について

日本には住宅ローンや自動車ローンなどを除いた用途自由で借り入れが出来るフリーロー …

https://www.pakutaso.com/assets_c/2015/04/YUUSEI_guttari15200922-thumb-1000xauto-12426.jpg
30代で証券業界からアセットマネジメント業界へ転職した理由

不定期で管理人の独り言という勝手気ままなコーナーを初めて見ようと思います。 この …

【2016-2017年版】知っておきたい初心者向けの不動産投資の基本

国内の金利が超低金利で推移し今後の見通しも当面は上昇しない中で今『大家ブーム』が …